カテゴリー
相性

ゲイサポ

お金がないゲイをサポしてあげるのが僕の使命だ。ゲイサポとは性的関係の見返りを求めるものであると言うのが一般的な認識だろう。
だが、僕は違う。もちろん、サポを通して親交を深めたいと言う気持ちは否定しないが、お金に困っているゲイを見ると助けてあげたくなるのだ。
僕も若い頃はお金に苦労した。今でこそ、LGBTと言う価値観が見出されてきて以前ほど窮屈ではなくなったが、僕のような同性愛者は世間からのはみ出し者だったことは否めなかった。
別にゲイとは言え男だったら誰彼構わず勃起するわけではない。そんな奴がいたらただのヘンタイである。例えば、会社の同僚の女性たち全員にセックスアピールを感じているような男がいればそれは変質者だろう。同じ理屈だ。
そんな息苦しいゲイへの偏見に対して、僕は戦うことをせずに「ゲイってキショいですよねー」と周りに同調するような態度を取っていた。この社会で生きていくにはそれしかなかった。
ただ、お金だけはがむしゃらに稼いだ。生きていくだけのお金が手に入ればこんな世の中に迎合する必要はない。自分中心の世界を築ける。そう信じて、それこそ売り専みたいな真似もした。いくらゲイとは言え、望まない男性との性行為は苦痛でしかなかったが、それでも日増しに積み上がっていく預金通帳の残高が僕にとっての希望だった。
ゲイサポするノンケに掲示板で騙され学んだ無料でノンケ喰いする方法
こうして稼いだお金を株式と土地売買に投入して、これが上手いこと転がって一気に資産が増えた。今では不労所得で十分やっていけるだけのお金を稼げている。自分を崩してまで価値観の合わない人間と付き合う必要もない。
だから、サポを求めているゲイは過去の自分を見ているようで、思わず投資したくなってしまうのだ。いわば僕はお金配りゲイさんである。社会に迎合するためのサポではない。社会から自分を切り離すためのサポだ。
ゲイサポは己の性欲を満たすための偽善行為であり確かにそういう人間もいるだろう。だが、僕のような良心を以て臨んでいる人間がいることも理解してほしい。
さて、今日もこれからゲイサポに出かけてくる。20歳の青年だ。僕のサポで彼が救われることを望みつつ、どんなアヘ顔を見せてくれるか非常に楽しみだ。
電話エッチ
オナ電掲示板