カテゴリー
慢心

援デリ

 援デリはセックスは出来るけど、その内容はゴミすぎる。
そういう話は耳にしていたんです。
それでも、セックス出来るならいいんじゃないのか?
正直、欲求不満だから、そんな考えがありました。
とにかく挿入出来るのです。
ズボズボやれるのですから。
それで射精出来るなら、納得出来るだろうって感じでした。
忌み嫌われる援デリでも、きっと楽しめると思いました。
この考え、愚か過ぎでした。

 Twitterの裏垢に目を付けていたんです。
たとえ業者であろうと、割り切りには違いない。
楽しく、甘く、そしてエロチックなひとときを楽しめる。
そんな思いを持っていました。
風俗業者だろうと、素人だろうと、セックスは同じなのだ。
そういう気持ちで、DM送信していきました。

 ユマって子で、30歳のシングルマザー。
M体質で、沢山責められたいと書かれていました。
実際、セックスしたら滅茶苦茶楽しいだろう。
そんな妄想が膨らんでいました。
掲載されていた写メも魅力的でした。

 やりとりが始まり、無料通話アプリ交換を申し込んだら、メールにして欲しいと言われました。
こういうときのために、フリーメールは常時用意。
そちらを教え、やりとりになりました。

 ホ別2の条件。
キス無しゴム有り。
この辺は鉄板と言えるものでした。
やりとりしたその日、会って関係を作る約束にもなりました。
援交デリ

 もう笑っちゃうんです。
なぜか、写メとは別人がやってきました。
しかも、不思議なことに不機嫌。
ホテルに向かう途中も、会話無し。
ホテルに入ると、すぐシャワーを浴び出しました。

 その後は、フェラをはじめ、勃起を確かめてから、すぐコンドームを付けてくるんです。
そして挿入をお願いされてしまいました。

 援デリのパターンですね。
こんなにヒドイものなのか?
驚愕してしまいました。
ホテルにいる時間だって、30分を切るんですから。
ずっと、機嫌の良い表情を見せないんです。
いくらなんだって、商売が下手すぎるだろうって感じです。
再婚したい
不倫している人妻