カテゴリー
恋愛

オナ電掲示板

僕には連れ添って10年になる奥さんがいるが、それとは別にカンコと言うオナ友がいる。
直接的な肉体関係を持っているわけではない。だが、僕はカンコの体の隅々まで知っている。つまり、リモートのオナ友なのだ。
僕自身は愛人を持つほどの甲斐性はないし、奧さんのことは普通に愛しているので浮気には至ったことはないと言っていい。
だが、ちょっとある時に魔がさして、オナ電掲示板を覗いたことがあった。
と言うのも、僕と奥さんはセックスレスなのだ。結婚する時に僕も奧さんも仕事を大切にしたいから子供は作らない、と言うことで合意した。もし、結婚生活を続けている内に子供が欲しくなればその時は方向転換すればいいだけの話で、その時は特に深くは考えていなかった。
だが、同時にセックスレス夫婦になってしまったのだ。子供が欲しくなければ避妊すればいいだけの話ではあるが、何だかそこまでして奥さんとセックスする必要性を感じなくなってしまったのである。繰り返すが、僕は奧さんを愛している。何も、無料でセックスさせてくれる人=奧さん、ではないのだ。
ただ、性欲は普通にある。奥さんの目を盗んでエロ動画でオナニーしていたりしたのだが、そのエロ動画サイトのサイト誘導によってオナ電掲示板の存在を知ったのだ。奧さん以外の人と性交を持てば不貞になるとは思うが、リモートでのオナ友だったら実際に会うわけではないし、僕は浮気のつもりは全くなく、そこでオナ友募集をしていたカンコとつながったのである。
カンコもまた既婚者だった。
エロチャットが無料
「旦那には言えないけど、セックスよりオナの方が好きなんだよね」と、旦那が出張などで不在時にオナ電掲示板で相手を募集しているとのことだった。
お互いに家庭を捨てる気はない。ただ、画面越しに指の動きとともに濡れてくるカンコのマンコを見ていると、見てはいけないものを見ている背徳感のようなものを感じる。そんな背徳感が興奮にもつながり、僕はスマホの画面を通してカンコとともに果てるのだ。
「でも、これってセックスしているようなもんだよね」
と、お互いにティッシュで股間をふきふきしながら呟き合う。カンコもちょっと罪悪感を覚えているのだろう。
だが、気にすることはない。カンコが気づいていないだけでおそらく旦那さんもどこかで性欲を発散させているはずなのだ。
僕も夜な夜な奥さんが寝床で声を潜めてオナニーしているのを知っているのだから。
オナ電掲示板
オナ電アプリ