カテゴリー
その他

お金くれるおじさん

 お金くれるおじさんには、JKの頃から憧れていました。
女子大生になったら、絶対に出会いを掴みたいって考えまくってしまっていました。
その理由は、アルバイトの時給が安いからです。
JKの頃からもアルバイトに精を出していました。
家庭が裕福ではないため、これは必要なものでした。
あんなに、正社員と同じような働きをするのに、貰うお金が極端に少ない。
それ、変だよなって気持ちになっていました。
だからなんです。
出会い系アプリを利用出来るようになったら、お金くれるおじさんをゲットしてやる気分でした。

 超有名な出会い系アプリを使い、お金くれるおじさんに向けて掲示板投稿をしていきました。
お金持ちなんて、絶対にいるはずなんです。
投稿を見てもらえたら、メールが受け取れるはずなんです。
諦めない気持ちを強め、掲示板の投稿をやっていきました。

 利用者の多さもあるのでしょう。
気持ちが折れることは少しもありませんでした。
利用者の数を見るたびに、出会いを必ず掴んでやる気持ちを強め掲示板投稿。
その結果といえば、開業医の男性からの連絡が到着したのです。
デートするだけの愛人

 40代の男性でした。
穏やかな文章に、どこか癒されながらのやりとりでした。
そして無料通話アプリ交換です。
食事だけの関係を希望だと話してくれました。
面接は確実に必要なため、会うことになりました。
事前に交通費を支給することは教えてもらっていました。

 交通費が万札なんて驚くばかり。
スイスイと話が進んでいき、食事デートの約束も決定でした。
初回の食事デートは成功で、その場で継続契約を言い渡してもらえてしまいました。
お金くれるおじさんから、都度の2万5000円という大きな支払いです。

 出会いに自信の付いた私は、次のパパ探しにも夢中です。
きっと2人目も発見出来ると確信出来ています。
女子大生と援交
JCの裏垢